VESPER TableSolution World's leading innovator of management solution
レストラン予約・顧客管理・POS連携の世界的イノベーター

  • ネット予約画面
  • レストラン予約管理画面

レストランとお客様の間の架け橋
We connect users and restaurants

VESPERは、管理ツールの業界に新しいスタンダードを提案します。これまでも日本、そして世界をリードする数々のイノベーションを発明してきました。

お店が、ユーザーが、もっと便利な世界を実現したい。ありそうでなかった、「できたらいいな」を現実化し、本当にお店の役に立ち+レストランを利用するユーザーの利便性を高めるサービスの開発を続けます。

User Avatar

予約サイトの自動取込み・一元管理・在庫連動、大手POSとのシステム連携(商品マスタや予約の連携)を初めて実現したのはTableSolutionです

TableSolution

ネット予約、顧客管理、プロモーション、実現したいことが、全てのデバイスで

Reservation/Customer/Marketing Management Synched, On All Device

あらゆる規模・業態に合う「店舗ごとのぴたっり設定」 で、現場も本部も満足する理想のオペレーションを実現します。

我々の目指す先は、予約・顧客管理にとどまりません。
他の業種では一般的に行われている価格調整で需要と供給のバランスに対応すること。
顧客分析の結果に基づいて適切なプロモーションを実現すること。

更に効率的・効果的な経営が実現できると考えています(2014年8月30日)。

  • Screenshot 01
  • Screenshot 01
  • Screenshot 01
  • Screenshot 01
  • Screenshot 01
  • Screenshot 01
  • Screenshot 01
  • Screenshot 01
  • 第三者割当増資を実施しました(15/07/08)

    ジャフコ等に対し約2億円の第三者割当増資を実施しました。

  • NHKニュースに登場しました(15/03/31)

    NHKニュース おはよう日本の特集「急増ネット予約 飲食店に“革命”」にTableSolutionを導入している店舗と共に登場しました。

  • 日本経済新聞に登場しました(14/11/26)

    ビジネスを止めない、オールデバイス対応が取り上げられました。TableSolutionは業界初、スマホ、パソコン、タブレット、あらゆるデバイス(機器)に対応した予約管理システムです。

グローバル/多言語対応

Global

予約されるお客様向け画面+店舗スタッフ向け管理画面は、日本語、英語、中国語、フランス語など8か国語対応。利用を始めたその日から、世界を相手にビジネスを展開。

イノベーター

Innovation

大手POSとのシステム連動、予約サイトの自動取込や在庫連動(自動消込やメニュー一括管理)、オールデバイス対応(スマホ、PC、タブレット)・・・数々のスタンダードを最初に実現。

業務ツールの専門知識

Expertise

元・日本を代表する金融企業の取引システムや世界最大手クレジットカードブランドの決済システム、グローバル展開する五つ星ホテルのレストランマネージャーなどがサポートします。

柔軟な設定と拡張性

Flexibility

コールセンター対応が必要な東証一部上場レストラン企業や大手POS、多店舗展開する超人気店から小規模な個人店まで、カスタマイズ設定が可能だから広く支持されています。

高度なセキュリティー

Security

プライバシーマーク認定事業者として求められる以上のIPアクセス制限、ワンタイムパスワード(米国防総省と同一デバイスを採用)、権限設定など大切なデータを守ります。

当社はPマーク認定事業者です

Privacy Mark certified company

会社概要

Company

商号 / Company
株式会社VESPER / KK VESPER

住所 / Location
東京都中央区銀座2-12-4 / Ginza 2-12-4, Chuo-ku, Tokyo

設立 / Foundation
2011年3月11日 / March 11th, 2011

資本金 / Capital
3億2151万8110円 / 321,518,110 JPY
(資本準備金を含む)

Email
info@kkvesper.jp

役員・社員 Team

株主・アドバイザー

Our shareholders and Advisers

  • Screenshot 01

    阿久津
    Satoshi Akutsu

    一橋大学大学院国際企業戦略研究科 教授 / Professor, Hitotsubashi
  • Screenshot 01

    出井 伸之
    Nobuyuki Idei

    元ソニー代表 / Former SONY chariman
  • Screenshot 01

    クリストファー アントネッリ
    Christopher Antonelli

    野村證券MD / Managing Director, Nomura securities
  • Screenshot 01

    ジャフコ
    JAFCO

    日本最大のベンチャーキャピタル/ Japan's largest VC
  • Screenshot 01

    株式会社ベネフィット・ワン
    BenefitOne

    最大手福利厚生サービス提供企業 / Japan's largest employee benefit provier
  • Screenshot 01

    山田 進太郎
    Shintaro Yamada

    メルカリ代表 / CEO, Mercari

レストラン運営に革命を
Innovation in restaurant management

TableSolution.com

社是

Company Policy

1. 明日はないものと思うこと (Act like there's no tomorrow)
人生は一度きり。寝て過ごしても、怠惰に過ごしても、時間は過ぎる。必死に汗を流し、学習に励むこともできる。より良き人生を過ごすためにも、怠惰に流され、何より貴重な時間を浪費しないこと。今日できることは今日やる。
2. 損して得取ること (Give before taking)
相手の利益を疎かにして、自分だけ儲けることはできない。相手あってこその商売。自分だけに利益が出る場合は、怠けている証拠。いかに相手に利益をもたらすか、ここを考え出すのが仕事であり、やりがい。相手に利益なく、自分にしか利益がなければ、その取引は行ってはならない。
3. 美醜を意識すること (Be honest)
自分の行う行動は、全世界に見せても恥ずかしくないことか?自分の行動は、どこかで必ず表出する。いま行おうとしていることが、相手に知れた時、微塵の負い目も感じないと言い切れる場合だけ、その行為は実行する価値がある。誰かの裏口をたたけば、必ず当人の耳に入る。不誠実な取引をすれば、これから接する相手は皆そのことを知っている。
4. 誤解を恐れないこと (Don't be afraid to make mistakes)
誤解を恐れて何も言わないのは、相手に失礼。誤解を恐れて何もしないのは、自分に対する裏切り。どんな書物より、自分で考え、失敗することが勉強になる。失敗は成功の母、恐れず、実行すること。
5. 心の平穏を保つこと (Keep calm and carry on)
耳の痛い話に、激怒し、無視することは、自らを高め、より良き未来を築く機会を自ら放棄するものである。提言する相手は、自らの立場を危うくし、悪い心証を与える危険を冒しており、感謝こそすれ、非難することは道理に叶わない。常に穏やかにしていれば、本当の価値を理解でき、的確な判断を下すことができる。
6. ローマは1日にしてならず (Rome wasn't built in a day)
急がば回れ、時間を無駄にしてはならないが、急いてはならず、大望を果たすには時間も必要である。何故こう思うか?甲だから。何故、甲なのか?乙だから。何故、乙なのか?丙だから。この問いを行き詰るまで行い、最後に周囲に相談すること。
7. 妥協せず、慢心せず、謙虚であること (Be humble and respect others)
妥協は許されない。妥協することは、何もしていないことよりも悪い。しかし、妥協せず、進歩を続けたとして、決して、相手よりも自分が上手だと思ってはならない。相手は、必ず追い抜こうと必死になるし、相手は、必ず自らより秀でた部分を持っており、それを見抜けないのは慢心である。相手を見下すことは、一利にもならない。
8. よっしゃ、ここらで遊び心 (Relax, have fun, and enjoy life!)
常に張りつめていては身も心も持たない。上述7条を守れば、多少、気の緩むはっちゃけたことをしても、道を外すことはない。

チームに参加する

Join the team

Join!